薬剤師の転職・就職のお悩み経験

TOP 理想の薬剤師を目指して独立しました 多くの人達に薬剤師を目指して欲しい 離職薬剤師の復職について  リンク集

永遠の資格である薬剤師資格は再就職には有利です。

薬科大学を卒業して国家資格試験に合格して、一生涯の資格として「薬剤師」の資格を取得しました。

薬剤師は永遠の資格であり、結婚、出産、子育てを終了したあとでも、簡単に再就職ができます。

特に、調剤薬局での調剤業務での求人は多いようです。

>薬剤師の転職先ホームッページ


調剤業務は、医師の処方箋に基づいて、調剤することです。

薬剤師法の第1条に、薬剤師は、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進をもって国民の健康な生活を確保する任務者」とされています。


「薬剤師」になるには、大学において一定の薬学の授業を履修して、国家資格試験である薬剤師試験に合格する必要があります。

私は1989年に資格を取得しましたので、4年生の薬科大学を卒業して資格試験を受験しました。
その後、法律が改正され、薬科に過程が6年制に変更されています。

現在、育児で休業していますが、子育てが落ち着いたら、調剤薬局に再就職したいと思っています。


参考:薬剤師試験



薬剤師の貢献度ははかりしれない

薬剤師がこんなに大変な仕事だとは思いませんでした。

毎日のように忙しい日々が続いています。母親も薬剤師をしているので、その影響もあり、薬剤師になりました。

薬剤師募集サイトランキングホームページ


なったころは、嬉しい限りで、日々の業務が楽しさそのものでした。

やがて、その大変さが、重荷になってきました。しかしながら、薬剤師として嬉しいのは、患者さんから、嬉しい言葉を頂いたときです。

心がスッキリします。今までの苦労がふっとびます。重荷は感じなくなります。誰かのためになることが、こんなにいいことかと思います。

今は、子供には、負担をかけてしまっているけど、子供たちも解ってくれると信じています。

私が、薬剤師として、働き続け、生計を立てていくことができれば、子供たちもその姿を見て、奮起してくれると思います。

自宅に帰れば、あまりの疲れにすぐ寝てしまいます。

子供には悪いと思っています。これだけ、インターネットが普及しているので、ネットでもいろいろ調べてみます。

TOP 年齢を感じてきたお肌には お肌のお手入れを見直す 肌断食というお肌のお手入れ方法  リンク集
Copyright (C) 2014 薬剤師の転職・就職のお悩み経験 ALL Rights Reserved.